create a website for free

ブルーライトカットのいろいろ


スマホの普及と共に目が悪くなる人が増えてきました。
そこで注目されるようになったのが、ブルーライトです。
ブルーライトは直訳すれば「青い光」
 
画面から浴びる光のうち、ブルーが目にダメージを与えると言われています。
これは、ブルーが周波数の高い光だからです。
眼を画面の光から守るために高い周波数の部分だけを遮断しようというのが、ブルーライトカットの基本です。

PCメガネ
 
一番知名度の高いのが、いわるゆ「PCメガネ」でしょう。
zoffなどで安い価格で販売してます。(度なし)
 
イメージとしては「サングラス」のようなものです。
レンズが高い周波数を通さないように加工してあり、ブルーライトをカットします。
 
手軽で安いので、オフィスでPCで長時間作業する人などがPCメガネを利用します。
 
一般的にはPCメガネは度なしでレンズとフレームの一体型での販売ですが、zoffなどでは度付きのPCメガネも販売しています。

Mobirise
レンズのブルーライトカット加工
 
これは、HOYAなどのレンズメーカーが、レンズへのブルーライトカット加工をオプションとして行っているものです。
これにより、一般のメガネでも自由にブルーライトカット機能を付けることが出来るようになりました。
 
以前のブルーライトカット加工は、レンズに若干色が付くものでしたが、最近はほとんど無色透明になっています。
 
スマホのブルーライトカットモード
 
ブルーライトカットが注目されだすと、その元凶でもあったスマホ側でも対応が始まりました。
それが、ブルーライトカットモードです。
 
これは、ハード的に高周波数の色を減色することで、結果としてブルーライトカットになるというものです。
ブルーライトカットモードをオンにすると、画面の色味がやや黄色くなりブルーライトがカットされたのだとわかります。
 
ブルーライトカットの注意点
 
目をダメージから守るブルーライトカットのいろいろ。
一つ気を付けることがあります。
 
それが「色味の変化」です。
 
ネットショッピング全盛の現在、買い物の何割かはスマホやPCで行われています。
現物が見たアリ触れない以上、写真は重要な情報源です。
 
そこでブルーライトカットでは色味が変化する事を失念して、届いた商品がイメージしていたものと違う!なんてことも起きかねません。
 
なので、色味が重要なシーンでは、PCメガネを外す、ブルーライトカットモードをオフにするという事を忘れないようにしましょう。
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

眼鏡を外す仕草も良いけれど
The gesture to remove glasses is also good.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved