css templates

子供の視力回復


最近は小さな子供でも眼鏡をする子が増えてきました。英才教育?なーんて思っちゃいそうだけど、そうじゃないのです。

小さい子供の視力低下
昔と比べて小学生や中学生のメガネ率が年々上昇しているそうです。
私の周りでも公園でたむろってる子供が眼鏡をしていたり、集団登校の子供たちを見てもかなりの率でメガネをしている子供がいます。
あなたの子供はどうですか?
Mobirise
原因はポータブルゲーム機
 
昔より目が悪い子供が増えた原因は、明らかにポータブルゲーム機です。3DSとかVITAとかスマホゲームですね。
でも、昔もゲーム機はあったじゃないですか。ファミコンとかプレイステーションとか。
これらのいわゆるテレビゲームと違う点が2点あります。
 
・昔のTVゲーム(ファミコン等)と比べて画面との距離が圧倒的に近くなってる
 
・ゲームで遊ぶ時間が長くなってる
 
この2点です。
どちらもポータブル型が原因になっていますね。
 
私が子供のことは、テレビは2m離れてみる。なーんて言われていたものだけど、ポータブルゲーム機で遊ぶ時の距離といったら目を覆うものがあります。
あと、ポータブルだから外でもいつでもゲームが出来るようになってますよね。
公園に友達が集まってもやることが通信対戦だったりします。
 
予防手段
 
このゲームの習慣が変わらない限り目は確実に悪くなります。
これを予防するためには2つの方向からケアする必要がります。
 
・ゲーム時間の制限
・目のストレッチ
 
この2つです。
ゲーム時間の制限は正直難しいところですね。親の目の届くところでは注意も出来るでしょうが、外で遊んでるところまでは自制心に頼るほかありません。
 
そこで大事なのが目のストレッチです。
毎日の目の酷使に対して、同じく目のストレッチを欠かさないことで、視力低下を食い止めることが出来ます。
うまくいけば、視力の回復も見込めるでしょう。
 
習慣化が大事
 
ゲーム時間の制限や目のストレッチも、一過性では意味がなくて習慣化が大事なのです。
問題は、ゲーム間の制限も、目のストレッチも、子供にとっては面白くないもの。なかなか習慣化は成しえないということですね。
やっぱり、ただストレッチするだけではすぐ飽きてしまうし、面倒になったらすぐやめてしまうでしょう。
これは子ともに限らず大人でも同じですね。
 
アイトレーニング
 
そこで、メソッド(教材)の導入です。
視力検査表・トレーニング記録表・トレーニンググッズ。
これらの存在は、視力の現状を本人に突きつけ、トレーニングの必要性を自覚させます。
そして、ゲーム感覚のトレーニングキットで興味をそそり、記録表で達成感を満たし、そうして習慣化の手助けをします。
もっとも大きいのは、親子で閉じたトレーニングではなく、専門家とのメール相談です。
トレーニングの進捗具合やトレーニング方法の相談など専門家から指導を受けることで、子供は「見られている!」という意識が生まれ、継続の足掛かりになります。
 
教材やメールサポートはタダではないのだけど、子供の目は一生ものです。
ケアが早いに越したことはありません。
 
詳しくは「アイトレーニングで視力回復大作戦」がよく解説されてるのでを読んでみてください。

 
ゲーム感覚
 
子供にとっても大人にとっても、なにごともゲーム感覚って大事です。
勉強も仕事も目のストレッチも、ゲーム感覚なら続けられますよね。
 
いかにそこに楽しみを見出し、それを原動力に続けるか。
継続力ってとても大事な能力だと思うんです。
 
ぜひ続けて、視力回復を実現してくださいね。
 
(文:樹璃)

SHARE THIS PAGE!

Mobirise

眼鏡を外す仕草も良いけれど
The gesture to remove glasses is also good.



© Copyright 2018 Jyuri - All Rights Reserved